治らない腰痛など存在しない

あるのは怠慢な治療法だけ

すべり症 | 症状別 | 大磯町二宮町で脊柱菅狭窄症 坐骨神経痛など重症腰痛専門整体なら湘南にのみや美海整体院

SYMPTOM

すべり症

すべり症

すべり症(すべりしょう)は、背骨の関節や椎間板に異常が生じ、骨が前方または後方にずれる症状を指します。前方すべりと後方すべりがあり、前方すべりが最も一般的です。腰椎変性すべり症は腰椎の位置がずれて腰痛を引き起こす症状であり、腰椎分離すべり症は背骨の不安定性を伴い、背骨にひびが入ることを指します。原因は明確ではないが、スポーツや加齢による組織の変性が関与している可能性があります。すべり症と診断された場合は激しい運動や腰への負担を避ける必要があります。

すべり症

すべり症の症状

症状としては、少しの距離を歩くとお尻や太ももの部分にしびれを感じたり、痛みを感じたりします。少し休憩をすると再び歩けるようになりますが、少し歩いて少し休憩の繰り返しを何度も行うようになってしまうのが「すべり症」の症状の特徴です。 またすべり症の場合、腰椎の後ろを通る神経の通り道が腰椎のずれによって神経が圧迫され脊柱管狭窄症のような症状が出る事もあります。

医療機関での治療例

以下は一般的な選択肢になります。
保守療法:経過観察
薬物療法: 痛みや炎症を軽減するために非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や痛み止めを処方します。強い痛みに対しては抗うつ剤を処方する場合があります。
理学療法: 特定のエクササイズやストレッチを通じて、姿勢の改善や筋力の強化を図り、症状を緩和します。
疼痛管理: 必要に応じて、痛みを軽減するために神経ブロックなどの注射療法が行われることがあります。

 

手術への見解

一般的な保存療法で症状が改善せず長期化する場合、外科手術が提案されることがあります。しかし、外科手術は一般的には推奨されません。従来の手術法である腰椎固定術や腰椎後方除圧術は、骨を切除し、時に固定が必要であり、手術に伴うリスクが高いことと、根本的な原因を解決しないため再発率が高い(2年以内に30〜46%)ことが問題でした。現在、内視鏡や小さな傷口を用いる手術方法が工夫されていますが、基本的な原理は同じであり、根本的な解決には至らずリスクと再発率は高いままであることが報告されています。

症状に対する当院の考え

すべり症によるお痛みしびれは改善可能であると当院は考えます。
確かに一度ずれてしまった腰椎は自然には戻らないため、一度すべると元に戻す事は難しいとされています。 しかし、当院独自の矯正法KJKテクニックによって正しい姿勢に調整し、日常の身体の使い方を変えていくことでお身体のバランスを整え負担を分散させます。これにより神経圧迫を解消しお痛みやしびれの症状を緩和解消致します。
すべり症だからといって諦めることなく重症腰痛専門の当院にお任せください。

 

症状の本当の原因

最近の研究では、椎間板の変形がすべり症を引き起こす根本要因とされております。すなわち、最初に椎間板が変形することにより、椎間関節への負担増・炎症・変形、靭帯の不安定化、筋肉の不安定化が引き起こされ、それらの総合的な結果としてすべり症が引き起こされることが分かってきております。また、ホルモンの関係から男性よりも女性で発生する確率が高いことが判明しています。
しかしすべりがあるから痛みしびれが必ずしもあるとは限りません。現に当院にご来院いただくほとんどの患者様がすべり症であっても症状の改善がみられます。
すべり症だから腰痛が引き起こされるのではなく背骨や仙腸関節の障害、もしくは筋肉の過緊張によるものがほとんどです。すべり症だから腰痛が出ると決めつけるのではなく、様々な可能性を視野に公正に症状を捉えることが早期改善の要なのです。

 

症状の治療期間

まずは週に1回〜2回を3ヶ月。その後は症状の経過を診ながら少しずつ間隔を空けていきます。間にケアコースを挟み疲労の蓄積を防ぐなどその方のライフスタイルやご希望に沿ってご提案致します。

 

腰痛の根本の原因について

まず、腰痛の原因、症状、および治療方法は個人によって異なります。似たような症状であっても、全ての症例が同じではありません。

脊柱管狭窄症やすべり症、坐骨神経痛など、特定の診断名や症状に縛られず、真の原因を追求することが必要です。腰痛やしびれなどの症状名は、単なるラベルであり、それ自体が根本の原因ではありません。

真の原因を見つけるために、当院では以下のようなアプローチを行います。

 

症状の特定: 例えば、右足のしびれがある場合、どの神経が圧迫されているのかを特定します。痛みやしびれが神経圧迫から起因するものなのか血行障害であるかによって施術法は異なります。

 

血行性障害: 血行性の問題が疑われる場合、末梢の血流障害を検査します。特に、ふくらはぎやひざ周りの血液循環に問題がないか確認します。

 

背骨と骨盤の考慮: 背骨と骨盤は身体の土台であり、関連する筋肉と連携して動きます。背骨と骨盤の可動性が正常でないと、筋肉に負担がかかる可能性があります。背骨と骨盤の動きの評価を正確に行います。

 

不良姿勢と身体の偏り: 不良姿勢や身体の偏りが背骨と骨盤の動きに影響を与えることがあります。これらの要因が腰痛の原因となることがあるため、評価と調整が必要です。

 

最終的に、腰痛の原因を正確に特定し、それに基づいて適切な治療方法を選択することが大切です。ただし、個々の症例に合わせたアプローチが必要であり、一般的な診断や治療方法だけに頼るのではなく、症状の背後にある根本的な原因を考慮することが重要です。

FLOW

施術の流れ

ご来院・問診表のご記入

ご予約のお時間にご来院ください。駐車場は院の前の駐車場をご利用ください。
初回の方は受け付け時に問診票をお渡ししますので、待合室にてご記入いただきます。完全予約制ですのでお店全体が貸し切りのような雰囲気です。リラックスしながら、あなたの症状をお教えください。お着替えはお持ちになっても構いませんし、こちらでご用意もございます。伸縮性がない生地やスカートなどはお控えください。

問診・カウンセリング

ご記入いただいた問診表をもとに痛む箇所やそれに関連する症状などを具体的にお伺いします。背骨や仙骨の役割、痛みや不調の原因、当院の施術方法と効果について詳しくご説明いたします。


当院は医療機関ですので「守秘義務」がございます。「守秘義務」とは、患者様からお話を伺うなどして職務上知り得た秘密を守る義務のことをいいます。ご相談いただいた内容が、第三者に知られるということはありませんので、どうぞご安心ください。


せっかく貴重な時間を割いて当院にお越しいただくのですから、これを実りあるものにするためにも、どうぞ安心して何でも率直にお話しいただき、ご相談ください。治療は二人三脚で行うもの。私達はあなたのパートナーです。

当院はお一人様ずつ貸し切りのため会話が聞かれる心配もございません。お悩みや疑問点など些細なことでも構いませんので、お気軽にお知らせください。

検査

「理論」に基づいた治療を行う当院では、外科学的知識・思考法が重要であると考えております。原因が分からないままやみくもに施術することはございません。

施術は決して名人芸や体力任せの力技によって成り立っているわけではなく、病態生理学の確固とした裏付けが存在しています。解剖学、生理学など整形外科学に則って触診・姿勢分析・歩行分析(歩行が可能な方)などで正確な検査を行い、身体の痛みの原因を究明致します。

施術

整体など治療院が初めての方はご不安があるかと思いますが、ご安心ください。

ボキボキするような治療院とは異なり、当院の施術は痛みもなく負担のかからないソフトなものです。原因の箇所を的確に把握している為、お体に負担がかかりにくい必要最低限の刺激で安全で正確に背骨・上部頸椎(首)・骨盤を調整致します

さらに、当院独自の整体術KJKテクニックでお身体をトータルサポート致します。

施術後のご説明

施術後はお茶をお出し致しますのでゆっくりとお過ごしください。お茶は身体のサビの排出を促す抗酸化作用の高い、ジュアールティを採用しております。この時点ですでにお体の変化を実感いただいているかと思います。施術後は実際にどのようなお身体の状態だったか、どのように変化したのかをご説明します。
日常生活で気を付けるべき点や、今後の施術スケジュール等をご説明させていただきます。

当院はわかりやすくシンプルな料金体系の明朗会計です。施術後に「想像以上の金額になってしまった」という心配はございません。
お会計と併せて、次回のご予約をご相談させていただきます。継続的に施術を行うことで症状の再発と悪化を防いでまいります。ご都合に合わせて柔軟にご対応できますので、ご希望日などお気軽にお申し付けくださいませ。

COURSE

コース内容

総院長特別コース
初回料金 20,000
2回目以降 13,000
※全て税込み

日本腰痛治療協会理事長であり、当院総院長片山が施術を行うコースです。
患者様お一人お一人のお身体の状態、生活習慣、身体の使い方や癖など全てを把握し、疼痛コントロール+根本改善+運動療法+認知行動療法を複合的に組み合わせた施術を行います。

当院総院長が腰痛治療家25年の中で独自に考案した施術技術“KJKテクニック”™を受けることができるのはこのコースのみとなります。腰の痛みで歩行困難な方や、重度のしびれ、他の医療機関で治療を断られた方もご安心ください。

総院長片山が責任を持って症状消滅に向け施術を行います。

CONTACT

ご予約・取材依頼